ムダ毛対策「脱色」の仕方

 

白人の体毛が濃く見えないのは、白肌に金髪の体毛が生えているから。
日本人の体毛は黒いから目立ってしまうのです。
そこで、剃ったり抜いたりする代わりに、「色を抜く」という方法でムダ毛処理をする人もいます。
やり方は簡単。
市販の脱色クリームなどを脱色したい部分に塗布し、数分~数十分後に洗い流すだけ。
このときの注意点として、使用前には必ずパッチテストを行うこと。
脱色クリームには刺激の強い成分が含まれているため、肌を荒らしてしまう恐れがあります。
事前にパッチテストを行うことで、肌トラブルを防ぐことができます。
また、脱色を行ったあとはしっかり保湿ケアをしましょう。
]負担が大きい脱色クリームは、肌にダメージを与えます。
保湿ケアで乾燥を防ぎ、ダメージの広がりを抑えましょう。

私の鼻づまりを解消してくれた点鼻薬

 

私は子供の頃から鼻が詰まりやすく何回も耳鼻科に行き、定期的に先生に鼻の通りを良くして貰うために鼻に棒を入れてその度に痛い思いをしていました。
なんで他の子はあんなことしてないのに鼻の通りが良いのだろうか、皆も耳鼻科に行って定期的にやってもらっているのだろうが、しかし友達に聞いてもやってないと言われました。
私が高校生になる頃鼻づまりはピークに達してました。酷いときは鼻呼吸が出来なくなり口呼吸しか出来なく大変困っていました。
そんなときに友達が点鼻薬な存在を教えてくれました。
手軽に持っていける手のひらサイズの薬を鼻に入れるだけで通りが良くなるんだよ、と言われそんな都合のいいモノがあるのかと親に頼んで買って貰いました。
それと並行して飲んでいるのがなたまめ茶です。
参考:なたまめ茶 比較
こちらに様々ななたまめ茶の比較がありますが、私の場合飲みやすさを基準に選んでいます。

オールインワンゲルの選び方

 

最近では、いろいろな化粧品会社から出ているオールインワンゲルですが、どれがよいのか迷う方も多いと思います。
選ぶ時には、まず自分のアレルゲンを知ったうえで、そのアレルゲンが入っていない物を選ぶということ。
その次に、自分の肌に合う物ということになります。
せっかく購入して試すのですから、効果を実感したいですよね。
肌については個人差がありますので、これがいいよ!と教えられても合わない人も当然います。
たくさん種類がありますので、その中で自分の肌に合う物を吟味してください。
特に敏感肌の方にはメディプラスがおすすめです。

友達と一緒に脱毛サロン

 

自分で毛の処理を行うといっても限界がありますよね。
でも脱毛サロンに行って施術を受けるのは少し抵抗がある、という方もたくさんいらっしゃると思います。
そんな時は、友達を誘って一緒に行ってみてはいかがですか。
サロンによっては、ペア割引や女子割引といった何人かと同時に契約する事によって料金が安くなるサービスもあります。
友達と行く際には、このような割引があるかどうかを調べてから行くのが賢い手です。
最近では脱毛の技術が発達し、全く痛みがなく脱毛できるという施術も増えました。
脱毛というと、レーザーを当てるときにバチッと痛みを感じるものだと思っていませんか?
最新の技術なら、痛みを感じる事なく綺麗に脱毛ができるのです。
もちろん肌への気配りも忘れていません。
施術前には、脱毛器による負担を減らす為にクリームやジェルを塗り、施術後のほてりなどを防ぎます。
それに、1回に照射する範囲が広く短時間で施術が済むので、お肌にも優しいのです。